自然と暮らす家「無垢パッシヴハウス」の魅力

群馬県での家づくりは無垢スタイル

2022.07.23 Sat

こんにちは。無垢スタイル建築設計です。
コロナ禍で、密を避けて家族で楽しめる自然体験が人気だそうで、
子育ても、より自然な環境で、と考えられるご家族も多いと思います。
今回は、「ライフスタイルハウス」の中でも、特に自然の風や光を感じられる家を、またまた想像を交えてご紹介します!
 

毎日が自然体験なら


家族で人気の自然体験といっても、遠くの山や川や海に行くだけでなく、
郊外で季節の農産物を収穫したり、調理して食べたりする手軽な体験が人気なのだそう。
大がかりな道具や装備もいらず、手ぶらでOKだったりしますしね。
この手軽さがいいですね。遠出せずに、気軽にできて、安心で・・・
 
あれ、それなら、家でできたら、一番いいかも。
おひさまの光の中で食事したり、遊んだり。
夕食の後は、「電気を消して、夜空を眺めよう」なんてね。気持ちがいいと、笑顔が増えそうですね。
 

身近な自然が人気です


最近は、観葉植物や多肉植物を育てる人も増えているそうです。
テレワークで家でも長時間パソコンの画面を見ていたら、なおさら緑に癒されますね。
リビングで仕事をしていて、ちょっと疲れたら、床にごろんと寝転がってホッと一息。
吹き抜けの窓から青空が見えます。室内の植物もよく育って、きれいな空気で気持ちがいい。
ぷにぷにの多肉植物や、大きな葉っぱの観葉植物は、子どもたちが日替わりでお世話してくれて・・・。
こんな家で暮らしたら、毎日Happy!だと思います。
 

自然の循環がある「パッシブハウス」


夏は、屋内に直射日光が入らず、風が抜けていって爽やか。冬は、部屋の奥まで陽射しが届き、朝から夕方まで暖かい。
そんなの夢の中の家?いえいえ(笑)、しっかりとした断熱構造で、家全体の空気の流れを計算して窓の位置や庇(ひさし)を設置すれば、
「パッシブ=自然」の力で、電気を使わずに、ある程度まで快適な家は実現できます。
現に、今日の外の温度は32℃、わたしがいる家の中は28℃。気持ちの良い風が吹き抜けていくので、エアコンなしでも汗をかいていません。
今年は酷暑になるだそうで、夏本番になったらエアコンをオンしますが、
もうしばらくは、この気持ちよさを楽しみたい。無理せず自然に、気持ちよく暮らせる家。
注文住宅でなくても、意外とあるかも、です。
 

ライフスタイルハウス『無垢パッシヴハウス』

エアコンよりも、窓からそよぐ風やお日様の暖かさが好きという自然派ライフスタイルの方の為に生まれたセミオーダー注文住宅です。自然の恩恵を存分に感じる、まさに地球と共生する暮らしが実現します。
無垢パッシヴハウスはこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

RELATED POSTS家とプランのお話の最新記事