室内のグリーンが健康にいい!?

群馬県での家づくりは無垢スタイル

2023.01.07 Sat

こんにちは。無垢スタイル建築設計です。
コロナ禍でスマホやタブレットを見る時間が増えて、近視になる人が増加しているそうです。

目が疲れたなと思ったら、植物を見てリラックスするのが効果的。
今回は、家づくりの観点から、室内で育てるのにおすすめの植物をご紹介します。
 

色でリラックス、将来を想像しながら育てて気持ちもアップ

外の緑が減る冬場は、家の中に緑を増やすといい季節。
小さなお子さまがいたり、動物を飼っている場合は、アイビーやグリーンネックレスなど
垂れ下がるタイプの観葉植物を、天井から吊るしたり、高い棚の上に置いて
垂れ下がるようにすると安心です。
 

鉢植えを床に置く場合は、大型のモンステラゴムの木なども存在感があっていいですが、
スパティフィラムなど小~中型で空気をきれいにする効果があり、
春には花も楽しめるタイプもおすすめです。

オリーブの木はシルバーグリーンの葉が素敵で、大きくなったら庭に植え替えることもできます。
アイビーもグラウンドカバーになるので、庭を持つご予定でしたら、育てておくのも手です。
家づくり中のご家庭なら、将来のお庭を想像しながら、いろいろ育ててみるのも楽しみですね。
 

植物を守れる家は家族も快適

観葉植物は南国にルーツがあって寒さに弱いものも多く、
前述したスパティフィラムは、最低でも8度以上でないと枯れてしまいます。

つまり、人にとっても快適な環境でないと育たないのですね。
無垢スタイルの家は高気密高断熱ですから、冬場の寒さも夏場の暑さも和らげてくれて、
植物も人ものびのびと過ごすことができます。

家の外は葉が落ちて枯れた風景になっても、家の中は緑でいっぱい♪なんて、楽しいですね。
家族で植物のお世話をすれば、自然と画面を見る時間も減りますし、
癒しの時間にも。お子さまにとっては生きものを育む体験にもなります。

だんだんのめり込むと、植木鉢は何色に、どんな素材に、組み合わせる植物は、なんて、
想像の幅が広がっていきますね。
 

リラックスできるお部屋づくりは無垢スタイルにご相談ください

家づくりのイメージに合わせて、将来の家のリビングに置くのか、踊り場か、玄関か、
いくつもの場面で考えてみるのも、家づくりの新しいアプローチになるかもしれません。

観葉植物はホームセンターでも様々な種類を扱っていますが、
無垢スタイルには、庭づくりなどを手掛ける植物の専門家もいますので、
ご興味のある方はぜひ、ご相談くださいね!

 

自分のライフスタイルで選ぶ住まいのカタチ『ライフスタイルハウス』

シンプルにお得に自分らしく建てる家。本物の無垢材を採用しているため、永く住みながら、お子様の成長やライフスタイルの変化に合わせて、増築・改築など、後々に手を加えていくことも可能です。
ライフスタイルハウスはこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

RELATED POSTSインテリアデザインのお話の最新記事