仕上がってからではどうにも出来ない下地工事について

群馬県での家づくりは無垢スタイル

2022.04.02 Sat

無垢スタイルの高崎支社スタッフブログをご覧の皆様、どうもお世話になっております。
品質管理部の熊倉です。 

家づくりで重要な下地工事についての紹介

 

写真で紹介させていただきました、トイレでの小物、照明器具、これらは単に壁や天井に取り付けてあるように見えますが、実は壁や天井の裏にビスを効かす為の下地が施されています。 
まぁ、これらは、工事前からこのような物が付くと図面や資料でわかっているので当たり前のような感じで付いていますが、
 
・壁掛けTV
・玄関先に姿鏡
・ピクチャーレール etc・・
 
住んでから自分達で好きな所に付けられる!と思っている方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?? そうじゃありませんよ!!!!!
 

①実際に壁や天井に使用するボードっていうのは、石膏ボードなので耐火性には優れていますが、ビスを打ち込んでも空回りするだけでしっかり何かを留めるには、このボードを張る前に下地工事で一手間かける必要がございます。
②こんな感じでね。
 
実際に住んでから何を付けるかは、正直住む方しかわかりません。
建築工事中は、まず、上棟してから1週間~10日後を目安に、監督と現場打合せをする機会を設けていますので、何か壁や天井に後々付けたい物があるという方は、その現場打合せのタイミングまでに申し出て下されば、将来の夢を叶えるお手伝いが出来ます。
これは、家の中だけに限らず、外(物干など)も同様です。
 

下地工事一つにしても、費用はかかる事なので、『どこにでも入れてほしい』と仮に要望されても無理があるのですが、是非家づくりをご検討されている方は、(他にも色々考える事があり過ぎて大変だとも思いますが)
将来の家具家電の配置計画も一緒にお考えになってていただけると、仕上がった頃に、より理想的なマイホームが出来るのではないでしょうか??
 
弊社モデルハウス「アンティーナ」では家づくりに役立つ情報や下地工事のご相談承っております。お気軽にご相談ください。

無垢スタイルの群馬県高崎市にあるモデルハウス

弊社モデルハウスでは、お施主様の家族構成や生活スタイルに合わせてご提案させていただきます。お気軽にモデルハウスをご見学ください。
群馬県高崎市「アンティーナ」はこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

RELATED POSTS家づくり現場のお話の最新記事

    同じカテゴリーの記事が見つかりませんでした。