【究極の間取り】注文住宅じゃなくても平屋が建てられます

群馬県での家づくりは無垢スタイル

2022.08.20 Sat

こんにちは。無垢スタイル建築設計です。
今、平屋が人気です。一戸建てなのにマンションのようにコンパクトで無駄のない間取りは暮らしやすい!
でも、2階建てより広い土地が必要だったり、建築コストが高めだったりして、なかなか手が出ないという方も多いと思います。
今回は、コンパクトで高性能な平屋住宅について、またまた想像を交えてご紹介します!
 

ずっとこの家に


平屋のいいところは、なんといっても階段がないところ。
小さなお子さんがいると、勝手に階段を上ったり下りたりしてしまうので、1階と2階の階段前にベビーゲートを付けるなど気を使いますが、
それも無用。お風呂も洗濯物を干すときも同じフロアだから、お子さんから目を離す時間が少なく、
結果、危ないことが減って子育てが楽になると思います。

子育てが終わり、夫婦2人で暮らすようになったら、子ども部屋を趣味部屋に変えて、夫婦でいい距離を保つことにも一役。
子どもが巣立った後、子ども部屋が物置になってしまったという話を聞きますが、
無駄のない間取りで生活動線上に部屋があると、モノが溜まらず、おのずと使いやすい場所になります。
 

誰でも暮らしやすい


東京五輪を契機に、「ユニバーサルデザイン」が社会の様々な場面で使われるようになりました。
誰でも利用しやすいトイレや段差のないフロア、簡単で使いやすい道具などですね。
家が平屋になると、暮らしそのものがこれに近づく、と思います。
段差は玄関だけ。リビングとウッドデッキがフラットにつながっているので、ウッドデッキにスロープを渡せば(すのこで自作)、
ベビーカーも車イスも楽々出入りできます。

あ、このスロープはお子さんのすべり台としての利用もOKです。
ちょっと古いマンションだと洗面所とお風呂が一段高くなっていることがありますが、ここもフルフラット。
スルーっと入れます。お子さんがハイハイしてもドテッと落ちたりしません。

私なら、子どもが小さいうちは、リビングには、ちゃぶ台と座布団だけ置いて、
お天気の日は、ちゃぶ台を半分だけウッドデッキにはみ出させて、「半分リビング―♪」なんて、足だけ外に出したり。
暑い日はウッドデッキ側にバケツを置いて足を入れてみたりして、平屋ならではの暮らしを楽しみたいです。
 

平屋は建築コストが高い?


平屋は2階建てより基礎と屋根が広くなるので、その分お金がかかります。
でも、階段や2階の廊下がないので活用できる面積が増えます。
コストのかかる2階のバルコニーがないのもポイント。
周辺の建物状況によっては、建物をコの字型にして日当たりと明るさを確保する間取りにしたり、
中庭を作ったり、独特の魅力が詰まった平屋。ぜひぜひ、おすすめです。
 

ライフスタイルハウス『無垢グランド』

ワンフロアで家事やコミュニケーションが完結し、住む人の生活動線の負担を最小限に軽減してくれます。家全体が心地良く快適に暮らせるストレスフリーでもあり、バリアフリーでもある住まいカタチです。
無垢グランドはこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

RELATED POSTS家とプランのお話の最新記事