愛犬と暮らしやすい家のポイントと「無垢パッシヴハウス」の魅力

群馬県での家づくりは無垢スタイル

2022.11.05 Sat

こんにちは。無垢スタイル建築設計です。
コロナ禍で動物を飼うご家庭が増え、郊外の観光地にも連れて行きやすくなりました。

ペットと一緒に泊まれる宿も増え、訪ねてみると、人が暮らしやすい家は動物にとってもいいのだな、と感じることがありました。
今回は、わんちゃんや、ねこちゃんにとって暮らしやすい家、お世話しやすい家について、考えてみます。
 

無垢の床は滑りにくい


私がペットと泊まれる宿で見たのは無垢材の床で、更に滑り止めの加工がしてあるそうでした。
玄関の段差が少なく、敷居などの段差がないのも、人にも動物にも歩きやすい工夫だと思いました。
一般的なフローリングは、合板などに化粧材を貼り合わせているのでツルツルとしていて、動物にとっては爪が立たず、足に負担がかかります。
中型犬を飼い始めたら、成長とともに走り回るようになって足を痛めてしまったという話も聞きます。
ライフスタイルハウスに使用しているフローリングは無垢材なので滑りにくく、爪で傷が付いても、木目の色もあってあまり目立ちません。

むしろ、年を経るごとに木目が浮き上がり、浮造り(うづくり)のようになっていく美しさがあります。
先日、数年前から中型犬を室内で飼われているオーナー様のお宅に伺ったら、日に焼けて、きれいに浮き出た木目の床に、
わんちゃんがゴロンと寝転んでいて気持ちよさそうでした。
 

風が抜けると気持ちいい


暑い日に、わんちゃんやねこちゃんを家において出かけるとき、エアコンを付けていかれる方も多いと思います。
快適な温度や湿度を保てる部屋で過ごしたいのは、人も動物も同じですものね。

ライフスタイルハウスの家は断熱性が高く、陽射しの入る角度や風が抜けるように設計されたプランもあるので、動物にも過ごしやすく造られています。
ウッドデッキに犬小屋を置いて、お庭で遊ばせても、リビングから様子が見えるので安心です。
 

おすすめは「パッシブハウス」


ライフスタイルハウスの家の中でも、無垢パッシブハウスは1階に広々リビング、2階には吹き抜けとウォークインクローゼット、廊下を結ぶ回遊性のある間取りで、わんちゃんが走り回るのにもってこい!
2階の格子状のフロアや、吹き抜けに沿って設置された手すりはキャットウォークにも!
それほど背伸びをせずに、人も動物も快適で暮らしやすい家。ライフスタイルハウスのラインアップからお選びいただけます。
 

ライフスタイルハウス『無垢パッシヴハウス』

エアコンよりも、窓からそよぐ風やお日様の暖かさが好きという自然派ライフスタイルの方の為に生まれたセミオーダー注文住宅です。自然の恩恵を存分に感じる、まさに地球と共生する暮らしが実現します。
無垢パッシヴハウスはこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

RELATED POSTS家とプランのお話の最新記事