地鎮祭後の基礎工事の様子を紹介

群馬県での家づくりは無垢スタイル

2022.03.11 Fri

こんにちは!!!
コンサルティング部門の森園です。
 
もうすぐ春ですね~♪
3月って理由はないですけど
ワクワクしちゃいませんか?
 
新しい人との出会い、新しい出来事、新しいイベント、新しい習慣などなど…。
今年度は何をしよう!できるようにしようと目標を立てて
頑張ることも楽しいですよね^^
 
今年度は新卒の子が2人増え、新展示場も完成します!
楽しみでしょうがないですね( *´艸`)

展示場のチラ見せシリーズ 基礎編!!


前回は新展示場の地鎮祭について書かせて頂きました。
今回は地鎮祭後の基礎工事の様子を紹介したいと思います。
前回の記事はコチラ
 

ジャーーーーン!!!!
高崎支社の新しい展示場の基礎写真です!
クラック(ヒビ)もなく綺麗な施工されておりました。
 
いよいよ工事が始まったなとテンションが上がっている今日この頃でございます(笑)

せっかくなので基礎の豆知識をご紹介

将来的なメンテナンスも考え、基礎は設計されております。
 
万が一基礎部分にある配管が壊れてしまった場合に
床下に潜り込んで直す必要がございます。
 
その為、基礎は一般的に各部屋の床下空間を行き来できるような作りになっています。

 
迷路みたいですね…。
潜り込んだら戻ってこれなそうですね(;´・ω・)
自分は方向音痴なので絶対戻ってこれません!!!!!!( -`д-´)キリッ
 
一家に一つある床下点検口(床下収納庫)というところから
床下に潜り込めるようになっています。
 
このようなもの見たことありませんか?

ここからメンテナンスできるようになっています。
ご実家に戻られたときには是非探してみてください!!
 
と、こんな感じで今回は基礎部分の紹介をさせて頂きました!
今日皆様が見てくださった基礎の写真は
基礎施工から上棟の間1か月ほどの間でしか見ることができません。
同様に、施工が進むほど見えなくなる部分は増えてきます。
一生に一度しか建てないであろう自分のお家であれば
細かくチェックしていきたいところです( ..)φメモメモ
 
無垢スタイルでは現場監督からお施主様に向けて
定期報告をさせて頂いております。
 
耐震等級3相当の高気密高断熱住宅を標準で施工させて頂いておりますので
快適に住んで頂くことはもちろん、施工中の安心とワクワクもお届けさせて頂いております!
 
皆様に着工前、着工後、完成後も家づくりを楽しんで頂けますように
心から想っております!
 
最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。
次回のブログでお会いしましょう!では!!!
 

無垢スタイルの群馬県高崎市にあるモデルハウス

弊社モデルハウスでは、ダイニングテーブルだけでなく、その他の家具のサイズ感なども合わせて体感できるようになっておりますので、お気軽にモデルハウスをご見学ください。
群馬県高崎市「アンティーナ」はこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

RELATED POSTS無垢スタイルの家づくり報告の最新記事